専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

イベントが好き!

どまんなか
みんなの憧れ。運営の指揮をとるイベントプロデューサー

イベントが好きで、人に感動を与える現場に関わりたいという人におすすめしたいのは、コンサートスタッフ舞台監督イベントスタッフイベントプランナーなど、ステージの企画・運営に関わるシゴト。中でもイベントプロデューサーは、イベントをとりしきるリーダー的存在。多彩なイベントの企画・立案、出演者の依頼・選定、会場や舞台装置の手配、スタッフの手配、広告・宣伝など、総合的に指揮をとります。特に企業のPRのために行うイベントの場合、クライアントの意向や予算に沿って、最大限の効果を発揮するイベント運営が求められます。企画力やアイデアだけでなく、交渉力や決断力などの高いスキルも必要です。


プラススキルで
イベントを支えるスペシャリストをめざそう!

華やかなイベントの背景には、夢の舞台を裏方で支える技術者たちが働いています。コンサートやライヴ、スポーツイベントなどで音響を担当するPAオペレーター(PAエンジニア)、舞台に欠かせない照明演出をプランニングし実際に操作するステージ照明、舞台で使用する装置の設計・デザイン・制作まで行う舞台美術デザイナーなどのシゴトが代表的で、イベントを成功させるための屋台骨といっても過言ではないでしょう。それぞれの機材や資材に対する専門的な知識はもちろん、プランニング力、高い技術や応用力、万が一のトラブルに即座に対応できる判断力なども求められます。


こんなシゴトも
人生にとって大切なアニバーサリーを支えるシゴト

最近では、ウェディングプランナーブライダルコーディネーター葬祭ディレクターなど、家族や夫婦などのプライベートなイベントをサポートするシゴトも注目を集めています。「自分らしいものにしたい」というリクエストに応じ、「どんなイベントにしたいのか」「予算は?」などを聴き取りながら、ニーズにあった企画を提案し、交渉を行いつつ実現していく、重要な役割を担います。


イベントが好きな人へ

「イベントが好き!」という人は、お祭り騒ぎが好きで、人が集まる楽しい場所が大好き! という外交的な人が多いかもしれません。けれども、一口にイベントと言っても、ライヴやコンサートはもちろん展示会や博覧会、セミナー、コンテスト、フェスティバル、そしてウェディングや葬祭まで、その内容は多彩です。多くの人に満足してもらえるイベントを創っていくためには、イベントの趣旨や方向性を理解し、細部に気配りを行いながら、複数のスタッフと力をあわせてイベントを運営していかなければなりません。
多くのイベントは、何度もやり直しができるわけではなく、本番に備えて入念な準備も大切です。総合的な知識を学ぶため、最近では「イベント」に特化したカリキュラムを置くスクールも増えています。

あわせて読もう!!関連コンテンツ


2016.8.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ