専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

テレビが好き!

どまんなか
夢を実現し、好きな番組を企画・制作しよう!

「テレビが大好き」「テレビ業界で働きたい」という人にとって、夢をかなえられる最高峰のシゴトが、番組の企画から制作の総指揮者として活躍するプロデューサー。一般的には、取材先との交渉からタレントのケアまで番組制作のための雑務をこなすアシスタントディレクター(AD)からスタートし、制作現場の責任者としてスタッフをたばね現場を仕切るディレクターとして経験を積み、プロデューサーをめざします。 そのほか番組制作の要として忘れてはいけないのが、ドラマやバラエティ、ドキュメンタリーなど、企画を練り進行プランや台本を作成する放送作家構成作家。そして、ドラマの台本を書く脚本家。いずれのシゴトも、流行やニーズをキャッチする鋭い感性と、幅広いアイデアを提案できる豊富な知識が求められます。


プラススキルで
裏方として、華やかな業界を支える

華やかなテレビ業界は、多くの裏方に支えられています。番組の撮影を担当するカメラマン、番組の収録時間を管理するタイムキーパー、照明機器の操作を行う照明スタッフ、音の調節を担当する音響スタッフ(ミキサー)、大道具を制作したり小道具を調達したりする美術スタッフ、収録した番組を編集する映像編集者など、確かなスキルをもつプロフェッショナルがテレビ番組収録の現場で活躍しています。中には、勤務時間が不規則だったり、生放送など緊張した現場で柔軟に対応できる高いスキルが求められたり、労働条件が厳しいケースもありますが、テレビが大好きな人にとっては、やりがいのあるシゴトです!


こんなシゴトも
やっぱり大好きなテレビにでてみたい!

テレビが大好きな人にとって、表舞台で活躍するテレビタレントお笑いタレントテレビ俳優は、憧れのシゴト。最近では、バラエティ番組からドラマ、CMまで幅広く芸能活動をこなすマルチタレントが増えています。弟子入りしたり、劇団などに所属し芸を磨く人もいますが、オーディションやスカウトで夢をかなえる人や、スクールなどで学び基礎をみにつけるもいます。アナウンサーキャスターレポーターナレーターお天気キャスターなど、なりたい職業に特化したスクールもあり、地方局などを舞台にフリーで活動する人や、ふだんは結婚式場などで働きながらテレビ業界を目指す人も珍しくありません。


テレビが好きな人へ

テレビ局にはNHK、民放のキー局と地方局の他、衛星放送やケーブルTVなどがありますが、多くの番組は下請けの協力のもと制作されています。下請けにも、番組を制作する会社、ディレクターやアシスタントディレクターなどの人材を派遣する会社、音響技術や美術などに特化した会社、エキストラやタレントのマネジメントを行うプロダクションなど、さまざまなものが存在し、たくさんのスペシャリストが所属しています。キー局は有名大学の出身者の採用が多いことで知られていますが、制作会社をはじめとする下請けでは、専門学校卒やアルバイトからの採用もあります。
テレビ業界で働きたい人は、「どんなシゴトをめざすのか?」を絞るとともに、「どこで働くのか?」も検討しながら、進路を考えましょう。

あわせて読もう!!関連コンテンツ


2016.4.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ