専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

雑貨が好き!

どまんなか
大好きな雑貨に囲まれて、ショップのスタッフになる!

私たちの生活を彩ってくれる「雑貨が好き」という人にいちばん身近なシゴトは、なんといっても雑貨ショップスタッフでしょう。単に雑貨を販売するだけでなく、仕入れ、ディスプレイ、ラッピングなどを行うことも多いためセンスの問われるシゴトです。 また、新しい商品の企画からショップのプランニング、仕入れ・ディスプレイまで行うスペシャリストを雑貨コーディネーターとよぶこともあります。実際に働く際に特に資格は必須でありませんが、アイテムや素材の種類、マーケティング、ディスプレイ・テクニック、テーブルコーディネート、広告撮影など豊富な知識が必要です。そのため、スクールで学んだり、インテリアコーディネーター、リビングスタイリストなどの資格を取得して、「雑貨のプロ」をめざす人も増えています。


プラススキルで
生活を豊かにしてくれる雑貨を制作するデザイナー

クリエイティブなことが得意で、「自分で雑貨をつくりたい」という人におすすめなのが、雑貨デザイナー雑貨プランナープロダクトデザイナーインテリアデザイナー、など、実際に雑貨を企画・制作するプロフェッショナル。図面の描き方やデザイン技能だけでなく、雑貨に使う素材の性質・加工方法、制作にかかるコストや販売に関する知識などの専門知識や、製作技術が求められるシゴトです。最近ではメーカーに就職する以外に、作品をショップに卸したり、WEBなどで販売するケースも増えており、フリーランスの雑貨デザイナーとして独立する人もいます。


こんなシゴトも
さらに技術を磨いて、独立をめざす!

さらに専門分野をみがいて、ジュエリーデザイナー帽子デザイナーシューズデザイナー時計デザイナー玩具デザイナーなどをめざすことも可能です。それぞれについて特殊な技術が必要になるため専門学校などのスクールで学び、卒業後、メーカーに就職して企業内デザイナーになるのが一般的ですが、フリーランスで企業と契約してデザインを提供したり、自分でショップを経営する人もいます。
そのほか、染織、陶芸、漆器、木工芸、竹工芸、和紙、石工、ガラス製品、金工、レザーなど、工芸品制作の技術を身につけ、工芸作家として活躍する人もいます。


雑貨が好きな人へ

ひとことで「雑貨」と言っても食器、文具、日用品からアクセサリー、インテリア小物、玩具などさまざまで、雑貨に関するシゴトにもいろんな業種と職種があります。まずは、どんな雑貨にかかわるシゴトがしたいのか、どんなところで働きたいのか、考えてみましょう。多くの場合、ショップやメーカー、デザイン会社などに就職しますが、雑貨の需要が高まりとともにフリーランスで働く道も開けてきました。
いずれにしてもデザインのセンスや制作の技術だけでなく、消費者のニーズをつかむマーケティング能力や、自分の作りたい商品をプレゼンする力などが求められます。最近では、雑貨デザインや雑貨ビジネスに特化したスクールなども増えてきているので、検討してみてください。

あわせて読もう!!関連コンテンツ


2016.3.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ