専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

美容が好き!

どまんなか
トータルに美をクリエイトする美容師のシゴト

美容にこだわり、とことん美しさを追求し、自分も人も綺麗にしたいという人にぴったりなのは、おなじみ、美容師のシゴト。「美容師=髪を切る人」と思いがちですが、カット、パーマ、スタイリング、カラーリングのほかに、メイクや着付け、ネイルケアまで幅広い知識と技術をもち、トータルで美をクリエイトします。美容師になるためには美容師専門学校を卒業後、国家試験に合格しなければなりません。資格を取得した後、美容院やヘアサロンなどで修行をつみ、一人前の美容師をめざします。スキルを磨けば、雑誌やテレビ、CMなどのスタイリングを担当するヘアメイクアップアーティストになることも夢ではありません。


プラススキルで
注目は、まつげ、ヘアカラーなどに特化したスペシャリスト

一部では「ヘアサロンはコンビニより多い」「美容業界は飽和状態」とささやかれる中、さらに専門性を磨きスペシャリストを志す人も増えてきました。たとえば、まつげエクステンション、まつげパーマ・カール・カラーなどを行うアイリスト。最近、注目を集めているシゴトですが、眼というデリケートなゾーンを扱うため、美容師の資格とは別にスクールなどで確かな知識と技術を学ぶ必要があります。 ほかに、ヘアカラーリングについて、その特質・配合などを熟知し優れた技術をもつヘアカラーリスト、結婚式でのヘアメイクに特化したブライダルアーティストなどのシゴトもあります。


こんなシゴトも
女性に人気の職場は、エステサロンやネイルサロン

美容やアンチエイジングに対する関心はますます高まっており、美容師の他にも、さまざまな分野の「美の専門家」が活躍しています。顧客の体質や要望にあったトリートメントやマッサージ、痩身、脱毛などを行うエステティシャン、安全で正しい精油の知識を持ち顧客にあわせた活用法のアドバイスを行うアロマセラピスト、爪のコンディションを整えネイルアート&ジェルネイルなどで装飾するネイリストなどは、女性に人気のシゴトです。そのほか、医学理論をもとに美容法・スキンケア・フェイシャルトリートメントなどのアドバイスを行うビューティセラピスト、各種セミナーやメイクアップ教室などで指導を行うメイクアップインストラクター、コスメ売場においてメイク・ネイル・カラーなどの提案をしながら商品を販売するビューティアドバイザーなどのシゴトがあります。これらのシゴトは、美容の知識は必要ですが、資格は必須ではないため「国家資格は敷居が高いけど、美容のシゴトがしたい」という人にはおすすめです。


美容が好きな人へ

美容関係のスペシャリストの活躍の場はヘアサロンだけにとどまらず、エステティックサロン、ネイルサロン、まつげサロン、コスメビューティサロン、ブライダルサロン、コスメメーカー、ホテル、デパートなどのコスメ売り場など、多岐にわたっています。ヘアメーキャップアーティストとして、テレビや映画、雑誌などの現場で働く人もいます。常にアンテナをはり流行をキャッチする感性はもちろん、顧客やクライアントのニーズをつかむコミュニケーション力や、その人らしい美を実現する観察力なども必要です。
スクールで技術を学ぶとともに、常に向上心をもち、経験をつみながら実力をつけていく努力が欠かせません。



2015.12.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ