専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

花や緑が好き!

どまんなか
憧れのお花屋さんで働くフローリスト

「花が大好き!」という人におすすめのシゴトは、なんといってもフローリスト。フローリストとは、簡単に言えばお花屋さんのこと。花束の制作やフラワーアレンジメントだけでなく、場合によっては花の仕入れや管理、配達などで重たい荷物を運ばなければならないハードな側面もありますが、毎日、大好きなお花に囲まれて働ける幸せなシゴトです。
フローリストになるために取得しなければいけない資格は特にありませんが、花に関する知識・センスなど幅広い能力も必要とされるため、最近ではスクールでスキルを学ぶ人やフラワー関係の資格を取得してから活躍する人も増えています。


プラススキルで
空間を花で飾るプロフェッショナル

レストランやショールーム、テレビ番組収録スタジオ、イベント会場、ホテルのロビーなど、クライアントのニーズに応えてさまざまな空間を花で飾るプロフェッショナルがフラワーデザイナーフラワーコーディネーターフラワーアーティストなどと呼ばれることもあり、女性の憧れのシゴトのひとつです。ただし、フラワーデザインのシゴトだけで生活を維持している人はごくわずかで、多くの人はフローリストフラワーデザイン講師として働きながら、フラワーデザインのシゴトを兼業しています。
最近ではブーケやコサージュなどブライダル関連のアレンジメントを制作したり、ホテルや式場のホール、チャペル、レストランなどの華やかなデコレーションを担当するブライダルフラワーデザイナー(ブライダルフラワーコーディネーター)も注目されています。


こんなシゴトも
知識とスキルを身につけ、造園業界で働く!

もっとスケールの大きいシゴトがしたいという人におすすめなのが、造園&ガーデニング業界。個人宅の庭から、公園、テーマパークまで憩いの空間を設計するやりがいのあるシゴトで、造園施工管理者造園デザイナーエクステリア技術者庭師緑化・造園・園芸技術者などの職業があります。スペシャリストとして、樹木や土や石などの知識はもちろん、農薬、環境、建築、測量など幅広い見識が求められることもあるため、ふつうは大学の土木学科や建築学科、専門学校のガーデンデザイン学科や土木・造園学科などで基礎知識を学び、庭園設計会社やエクステリアメーカー、園芸店などに就職します。経験と実績を積んで、独立や開業する人もいます。


花や緑が好きな人へ

資格を取得しなくても花や緑に関するシゴトにつくことは可能ですが、基本的な知識や技術を独学で学ぶのは難しいかもしれません。
できれば専門学校などで、NFD(フラワーデザインの資格認定)やフラワー装飾技能士などを取得する勉強をした方がいいでしょう。フローリストからスタートして、フラワーデザイナーやブライダルフラワーデザイナー、ガーデンデザイナーへと、じょじょにキャリアアップする人も少なくない業界です。
夢の実現をめざして、働きながらさらに学ぶ人や、他業界から転職する人も増えていると言われています。



2015.11.2 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ