専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

計算が好き!

どまんなか
正確性や整合性が重視される会計・経理のシゴト

「算数が好き」「計算がぴったりあわなければ気が済まない」「お金を管理するのが得意」という人にむいているのは、ずばり、会計・経理のシゴト。たとえば、企業など組織の経理・財務スタッフ。経理スタッフは組織の会計を担当し、各部門のお金の流れを管理しながら経営をサポートします。財務スタッフは、資産・負債・損益の管理、資金の調達・調達した資金の運用などを行います。そのほか、経理に関係するシゴトには、流通・小売業の店舗などで販売から経理まで担当する事務・販売スタッフ、銀行、証券会社、保険会社などで働く金融関係スタッフなどがあります。

プラススキルで
経理のシゴトの最高峰といえば公認会計士!

会計のプロとして、企業からの要請に応じ会計監査(会計のチェック)を行うのが、公認会計士の主なシゴト。法律により、企業は最低でも年に1回は財政・経営状態を公表することが義務づけられており、その監査業務は公認会計士だけに認められた独占業務です。そのほか、会社設立や株式公開などに携わることもあり、経営コンサルタントとして活動する人もいます。監査を専門におこなう監査法人のほか、一般企業の経理・財務部門や企業戦略部門、また、コンサルティング会社など、経済界における幅広い活躍が期待されています。 ただし、公認会計士になるためには、国家試験を突破し、会計士として2年以上の実務経験を積んでから公認会計士として登録しなければならないため、司法試験に次ぐ難関ともいわれています。


こんなシゴトも
Wライセンスで、専門性を高めよう

税理士は公認会計士と同じく国家資格で、個人や企業などの納税者の依頼により、さまざまな税に関しての申告の代行(税理士代行業務)や、官公署に提出する書類の作成(税務書類の作成業務)、税に関する相談(税務相談業務)などをおこないます。税理士事務所や公認会計士事務所で勤務するのが一般的ですが、経験を積んで独立開業することも夢ではありません。 最近では海外に工場をもったり、輸出・輸入を行う企業、外資系・多国籍企業も増えており、業務がグローバル化しているので、EA(米国税理士)米国公認会計士(U.S.CPA)公認内部監査人(CIA)BATIC(国際会計検定)®などの国際資格を取得し、国際的なスペシャリストをめざす人もいます。


計算が好きな人へ

会計や経理のシゴトに簿記が重要なのは言うまでもありませんが、計算の能力だけでなく、会計から課題や改善点を読み取る力が大切です。その上で、より合理的な手段を検討したり、改善策を提案していく思考力も要求されます。
最近では、財務会計ソフトを使いこなすITスキルやマーケティング力など、より高度な専門性が求められる傾向にあります。
もちろん専門的な勉強をしなくても経理のシゴトにつくことはできますが、専門学校などのスクールで学び、日商簿記などの資格を取得したり、経理に必要な知識や技術を身につけることも可能です。

あわせて読もう!関連コンテンツ


2015.10.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ