専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

旅が好き!

どまんなか
大好きな旅を企画・販売・ガイドするシゴト!

旅が好きな人におすすめなのは、旅行会社や各地の観光協会などで、旅やイベントを企画・実施し、観光情報の提供、旅行商品を販売するシゴト。魅力的なパッケージ旅行を企画するツアープランナートラベルコーディネーター、来店したお客様に対して商品・サービスの説明などの営業活動を行うカウンターセールス、パッケージ旅行や中学・高校の修学旅行、企業の社員旅行といった団体旅行に同行し安全な旅をガイドするツアーコンダクターなどのシゴトがあります。多くの人が、専門学校などで学んでから、国内旅行業務取扱管理者もしくは総合旅行業務取扱管理者の資格を取得し、就職します。また、国内旅程管理主任者を取得することで、さらなるプロフェッショナルがめざせます。

プラススキルで
語学が堪能なら海外駐在員の道も開ける

語学のスキルを磨けば、海外に居住して観光客やビジネストラベラーなどのサポートを行う、海外駐在員として働くことも夢ではありません。日本の旅行会社の海外支店や現地法人へ赴任するケースが一般的ですが、宿や観光地・交通手段などの手配を専門に行うランドオペレーター(ツアーオペレーター)として海外の旅行会社に就職する人も増えています。また、中には、テレビや映画、CMなどの撮影や雑誌などの取材をサポートする取材コーディネーターとして活躍する人もいます。いずれも、語学だけでなく、現地の文化や歴史や地理に精通している必要があり、高いコミュニケーション能力も求められるシゴトですが、経験を積んでフリーランスのガイドトラベル通訳として独立することも可能です。


こんなシゴトも
トラベルライターとして、旅行情報を取材

旅行記や海外や観光地の情報を執筆するトラベルライタートラベルジャーナリストも、人気の高いシゴトです。以前までは旅行ガイドなどに強い出版社や編集プロダクションで働くケースが一般的でしたが、最近ではインターネットで情報を提供するWEBライターとして、自由に記事を発信する人も増えてきました。中にはバックパッカーとして世界中を飛び回りながら、リアルタイムで複数の旅行サイトに記事を提供している人もいます。読み応えのある記事が書ける文章力のほか、情報収集能力や、企画力、行動力なども求められますが、プロフェッショナルなライターとして生計を立てるのは決して容易ではありません。


旅が好きな人へ

旅が好きな人にとって、世界各国を訪問できたり、なかなか行けない遠方の観光地を視察したり、日本中をめぐることができたりする旅行のシゴトは魅力的です。けれども、シゴトとなると自分が楽しむだけでなく、顧客のニーズに沿ったサービスを提供したり、煩雑な調整を行ったり、安全を確保したり、常にホスピタリティを念頭において細やかな気配りをしなければなりません。それでも、旅のプロフェッショナルとしてシゴトにすることをめざすのか、他のシゴトを選択し趣味で旅を楽しむ道を選ぶのか・・・。
メリットとデメリットを考えて、目標を定めましょう。

あわせて読もう!関連コンテンツ


2015.9.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ