専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

人の世話をするのが好き!

どまんなか
障害者や高齢者をサポートする介護福祉士

「人のお世話をするのが好き」「役に立ちたい」という人におすすめしたいのは、介護福祉士の資格。高齢者や障害者など日常生活を営むのに支障がある人たちが自立した生活が送れるよう介護を行うスペシャリスト。3年以上介護のシゴトをしたのちに国家試験に合格するか、厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業することで、資格が取得できます。国家資格をもっていなくても介護のシゴトは可能ですが、最近では求人の条件になっていたり、資格手当や常勤採用等、待遇面で優遇されることも増えています。職場も多岐にわたっており、介護老人保健施設スタッフ特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)職員訪問介護事業所スタッフ介護福祉施設スタッフグループホーム職員デイサービス職員障害者福祉事業所スタッフなどとして介護福祉士が働いています。

プラススキルで
ニーズが高まるソーシャルワーカー

困っている人の相談に応じ、アドバイスや情報提供を行ったり、必要に応じて関連施設につないだり、サポートを行う専門職がソーシャルワーカー(相談員)です。高齢者、障害者、ひとり親家庭、虐待、DVなど相談内容は多岐にわたっており、高度なスキルをもった人材育成が急務となっている注目のシゴト。医療ソーシャルワーカースクールソーシャルワーカー、保健児童ソーシャルワーカーなど専門分野に特化したソーシャルワーカーの活躍も期待されています。社会福祉士精神保健福祉士の国家資格を取得したのち、自治体の窓口や公的機関、福祉事業所などで働くのが一般的です。


こんなシゴトも
介護・福祉の現場では、さまざまなエキスパートが活躍している

介護の現場では、その他にもたくさんのプロフェッショナルの養成が進められています。介護保険の制度を熟知し「介護報酬請求事務」などの事務処理にあたる介護保険事務、介護予防・転倒予防につながる運動の指導や体力づくりのためのアドバイスなどを行う介護トレーナー中高老年期運動指導士介護予防運動スペシャリスト、医療・福祉・建築について幅広い知識を身につけ高齢者や障害者に適切な住宅改修プランを提示する福祉住環境コーディネーター、心理学を通して利用者の相談に応じる福祉心理カウンセラー、介護を必要とする人の身体状態に合った食事を作る介護食士など、さまざまな資格やシゴトが生まれてきました。多くの場合、専門学校などに通い介護職員初任者研修 (旧:ホームヘルパー2級)で福祉の基本を学んだり、介護福祉士を取得してからダブル資格で専門性を磨きます。


人の役に立つのが好きな人へ

ますますニーズが高まる介護・福祉業界にはさまざまなシゴトがあります。「待遇が悪い」「シゴトがきつい」などネガティブなウワサも聞こえる一方で、求人倍率が以上に高く、ステップアップするチャンスも多い業界です。
ダブル資格でさらなるエキスパートをめざせるほか、リーダーや施設長などのマネージャー職にステップアップしていく道があります。
介護福祉士として実務経験を詰めば、介護を必要としている人や家族からの相談を受けケアプラン作成を行うケアマネージャーになることも可能です。せっかくプロフェッショナルとして働くなら、スキルを磨き、未来をみすえたキャリアプランを描いておきましょう。



2015.7.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ