専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

人の役に立つことが好き!

どまんなか
医療や福祉の現場で、困っている人をサポート!

「人の役に立ちたい」「困っている人をサポートしたい」と考えている人にぴったりなのが、医療や福祉を支える専門職。医師や看護師以外にも多様なシゴトがあり、病院やリハビリ施設、福祉施設、障害をもつ子が通う学校などで、障害や病気の後遺症で日常生活に困難を抱える人たちの自立 やQOL(クオリティオブライフ)の向上を助けます。

たとえば、スポーツや手作業を通して機能訓練を行う作業療法士、リハビリテーションをサポートする理学療法士、聞こえや言葉のほか嚥下の問題も支援する言語聴覚士、視機能の検査や訓練を行う視能訓練士などがあります。

いずれも国家資格で、養成機関で所定の教育課程を修めた後、国家試験に合格しなければなりません。


プラススキルで
ニーズが高まる東洋医学系のシゴト

「人をダイレクトに癒すシゴトがしたい!」という人におすすめなのが、東洋医学系のシゴト。とくに高齢者では腰痛や肩こりに悩む人が増えており、「予防医学」の観点からも東洋医学に注目が集まっています。代表的なシゴトとして、はり(鍼)師、きゅう(灸)師、あん摩マッサージ指圧師が知られています。いずれも国家資格で、専門学校によっては、はり師きゅう師あん摩マッサージ指圧師の3つを同時に取得できるところもあります。

同じく国家資格で、「接骨師」としても知られる柔道整復師は、捻挫や打撲などのケガ、スポーツ障害の治療に携わるプロフェッショナル。整骨院・接骨院、病院の整形外科やリハビリテーション科が主な職場ですが、中には高齢者施設に勤務し、介護が必要となった高齢者の機能回復をサポートするシゴトをしている人もいます。


こんなシゴトも人の命を守るエキスパートが求められている

そのほか、医療の現場にかかわる専門職には、命を守るハードなシゴトもあります。 人工心肺装置や人工透析装置、人工呼吸器、心臓ペースメーカーなど命にかかわる医療機器の操作および保守点検などを行うのが臨床工学技士。 救急車などに消防隊員として乗車して、怪我をした人や急病者のプレホスピタルケア(病院前救護)を担うのが救急救命士です。いずれも国家資格で、高い専門性をもち、人の命にかかわる現場の最前線で働くエキスパートです。養成校で専門的な教育を受けなければ、資格を取得することができません。


人の役に立つことが好きな人へ

生活上に困難をもつ人をサポートしたり、痛みや悩みを緩和させるシゴトは、
やりがいもありますが、責任も重大。
生半可な気持ちでは、プロとしてシゴトを続けることはできません。
最近では、より高度な知識とスキルを身につけたスペシャリストを育てるための専門学校や専門の学科も増えています。



2014.11.4 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ