専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

料理が好き!

どまんなか
「ごちそうさま」が聞きたいなら、料理をつくるシゴト!

「レストランやホテルで料理を作るプロになりたい」「将来、自分のお店がもちたい」と考えているなら、まずは調理師免許の取得をめざしましょう。資格がなくてもシェフコック板前などになることは可能ですが、調理師を名乗るには国家資格を取得しなければなりません。厚生労働省が指定した養成施設(専門学校など)を卒業すれば、無試験で取得が可能。そのほか、2年以上レストランなどでシゴトを経験してから試験を受け、取得する方法もあります。
調理師以外にも、プロとしておいしい料理を提供するシゴトがあります。たとえば、栄養士管理栄養士。栄養バランスを考えながら、学校や病院の給食や、企業の社員食堂などのメニューを考えるのが主なシゴト。職場によりますが、献立を決めるだけでなく、仕込みや調理、盛り付けまで担当する場合も多いようです。栄養士の資格は、栄養士養成施設を卒業すると取得できます。また、栄養士として2年以上の実務経験を積めば、管理栄養士の国家資格を目指すことができます。


プラススキルで
製菓関連の資格を取得し、スイーツづくりのプロをめざす!

調理のシゴトの中でも近ごろ人気が高まっているのが、パティシエ洋菓子職人)、ショコラティエチョコレート職人)、パン職人(ブランジェブーランジェ)、和菓子職人など、お菓子関連のプロフェッショナル。安全においしいお菓子をつくる知識と技術を証明するのが製菓衛生士です。

調理師と同じく国家資格で、養成施設を卒業するか、実務を経験してから試験を受けることで取得できます。

さらに技術を高めたいなら、国が認定する技能士 お菓子をつくる技術と知識を証明する菓子製造技能士、おいしいパンをつくる技術を証明するパン製造技能士の技能士認定があります。

いずれも、シゴトをするために必須ではありませんが、資格を持っていると製菓会社等への就職・転職が有利です。


こんなシゴトもフードビジネスの多様化で、食に関するシゴトが増殖中

食品技術者は、新しい商品を開発したり、食品の生産・管理を行ったりするシゴト。食品会社などの企業に就職し、製造工程のチェックや現場の作業管理なども担当します。 一方、料理雑誌や料理番組のためにレシピを開発・提案したり、広告や映画などの料理を手がけるフードコーディネーターフードスタイリストなども憧れのシゴトとして人気があります。 食への関心が高まるとともに、フードビジネスはどんどん多様化しており、ケータリング屋台カフェ経営料理教室の先生など新しいスタイルでの起業をめざす人も増えています。



音楽が好きな人へ

資格がなくてもスクールで学ばなくても、料理をつくるシゴトをすることは可能です。ただし、プロとして安全でおいしい料理を提供し続けるためには、技術やセンスはもちろん、食品や安全対策に関する知識を身につけることも大切。できれば、しっかり基礎を学び、おいしい料理で人を幸せにできる素敵なプロをめざしましょう!



2014.10.2 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ