専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

音楽が好き!

どまんなか
やっぱり、夢はアーティスト!

音楽が好きで「自分で演奏するのも得意」という人が憧れるシゴトといえば、やはりプロのアーティスト。シンガーソングライターヴォーカリストミュージシャンオーケストラ団員クラシック演奏家声楽家など、さまざまなジャンル&多様なステージ・場面でプロのアーティストが活躍しています。個人で活動する人もいますが、オーディションやスカウトなどを経て、プロダクション等に所属する人がほとんどです。
また、作曲家編曲家(アレンジャー)として作品をつくり続けるアーティストもいます。他のアーティストに楽曲を提供するだけでなく、映画・ドラマ・CMなどの音楽を制作します。最近では、進化の目覚しいデジタル機材を駆使して、ゲームミュージックやモバイルミュージックを作曲するサウンドクリエーターも注目されています。


プラススキルで
音楽制作やコンサート&ライヴにかかわる!

専門的なスキルを身につければ、裏方としてエンターテイメントや音楽制作に携わることができます。コンサートやライヴなどで音響を担当するPAエンジニアライブハウスのスタッフ、レコーディングで音を調整するレコーディングエンジニアなどのプロフェッショナルが、アーティストのパートナーとして活躍しています。確かな技術を身につけるため専門学校で学ぶ人が増えており、キャリアを積めばレコーディングディレクターレコーディングプロデューサーをめざすことも可能です。レコード会社プロダクション制作会社などに所属する人がほとんどですが、経験を積んだ後、フリーで活躍する人や独立開業する人もいます。


こんなシゴトも多様なスタッフが音楽業界を支えている

そのほかにも音楽業界には、さまざまなシゴトがあります。コンサートの企画&運営を行うコンサートプロモーター、楽器の手配と管理&セッティングなどを行うローディー、アーティストを管理するマネージャー、音楽情報を発信する音楽雑誌Web編集者、楽器を修理するリペアマンピアノ調律士など、多様なスタッフが音楽業界を支えています。
また、音楽業界以外でも、音楽に関わるシゴトをすることが可能です。音楽教師としてピアノやバイオリンなどの楽器演奏を教えたり、音楽療法士として音楽の力で障害を持った人たちの心身の回復をサポートするシゴトも考えられます。



音楽が好きな人へ

「音楽をシゴトにする」ためには、プロとして通用する才能はもちろん、センスやスキルを磨き続ける並々ならぬ努力も必要。
学校を卒業したり、専門の教育を受けたからと言って、誰もがプロとして働けるわけではありません。
厳しい世界ですが、音楽を通じ人を勇気づけることができる素晴らしいシゴト。ぜひ、チャレンジしてください。



2014.9.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ