専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

好きなことをシゴトにしよう

赤ちゃん&小さな子どもが好き!

どまんなか
やっぱりいちばん人気は保育士!

「赤ちゃんや小さい子どもが好き!」という人におすすめのシゴトは、なんといっても保育士幼稚園教諭。幼稚園教諭は3歳から小学校就学までの幼児の教育を行シゴトです。一方、保育士は保育所などで赤ちゃんから小学校就学までの幼児をあずかるシゴト。いずれも国家資格が必要で、専門学校や大学の専門課程で学び、試験を受けることで取得できます。
とくに最近は、働くお母さんの増加により、保育士へのニーズが高まっています。保育士の活躍の場は保育所だけにとどまらず、児童施設や障害児施設、乳児院、さらには劇場や映画館・美術館・デパートなどに併設されている一時保育所などで働く人もいます。


プラススキルで

自分が好きなことや得意なことを通じて、子どもとかかわれるシゴトもたくさんあります。ベビーマッサージベビーヨガインストラクターリトミックインストラクターダンスインストラクター英会話スクール講師ピアノ教室の先生スイミングインストラクター子どもパソコン教室講師など、さまざまな求人があるのでチェックしてみては?
とくに資格が必須でありませんが、専門知識を身につけるため、専門学校や養成講座で学んでおく方がいいでしょう。 そのほか、言語聴覚士や作業療法士、理学療法士など、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)として働く道もあります。いずれも国家資格で、障害や病気でハンディキャップのある子どもを、スペシャリストとしてサポートします。子どもだけを対象にしたシゴトではありませんが、医療機関だけでなく療育機関、保健・福祉機関など、子どもとかかわる職場も増えています。


こんなシゴトも

「子どもの世話をするシゴトがしたいけど、国家資格はハードルが高い」と感じている人におすすめなのが、ベビーシッターの民間資格です。認定ベビーシッターチャイルドマインダーなどの資格があります。
多くの場合、ベビーシッター派遣会社や機関などに登録し、自宅や依頼者宅などで、子どもを預かります。自分の育児経験を生かせるので、結婚・出産後にシゴトに復帰する人も多く、女性が長く続けられる仕事として注目されています。


赤ちゃん&小さな子どもが好きな人へ

女性のライフスタイルが変わってきたこともあり、保育や幼児教室など、
赤ちゃんや小さな子どもとかかわるシゴトへのニーズが高まっています。
とくに0歳~就学前は、ニンゲンの基礎をつくる大事な時期。
その大切な時期に、子どもの成長をサポートする責任は重大です。
生半可な気持ちでできることではありませんが、その分やりがいもあるはず!



2014.5.1 UP!

バックナンバーはこちら


医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ