専門学校を検索するならe-専門学校ガイド
e専門学校ガイド 公式ツイッター

専門学校を検索するならe-専門学校ガイドTOP > 先輩シゴト人に聞く! > 第1回 美容師のシゴト

美容師のシゴト

Linda(23歳)さん

福岡県出身。両親とも美容師という環境で育ち、美容師を志す。
専門学校時代に遊びに来た原宿に衝撃を受け、「いつかは原宿で働きたい」と
夢見ていた。美容歴は4年目。




専門学校のフィナーレが国家試験。国家試験対策は万全に!

専門学校時代~資格取得まで、特に大きな苦労は感じませんでした。強いて言うなら、国家試験の課題が苦手な科目だったこと。実技の課題は三ヶ月前に発表されるのですが、自分がいちばん苦手だった「オールウェーヴ」が課題だったので、慌てて3ヶ月間、練習しました。そこで失敗してしまうと、2年間が水の泡になってしまいますから……

意外と体育会系。修行時代が長~~~く厳しい!

想像以上に厳しい世界。働く職場にもよると思いますが、スタイリスト・アシスタント、師・弟、先輩・後輩など、はっきりした縦社会で、意外と体育会系です。スタイリストになってからが本当のスタートですが、その前の下積みが長~~~い。職人気質なところは、料理人の世界と似ているんじゃないかと思います。


お休みが不規則、ご飯が食べられないことも……

サロンがお休みの日にも撮影や、モデルハント(※撮影用のモデルさんを探すこと)があるので休日が不規則。営業時間外の朝や夜に練習をしているので、朝から夜中の12時くらいまで、サロンにいる日もあります。忙しいときには、休憩時間もとれないので、食事ができません。ちょっと、つまめるものを用意しておいて合間に食べる、そんな生活です。

修行はキツイけど、好きなシゴトなので、充実した毎日

やっぱり自分の好きなことをやれるシゴトだから楽しいですね。修行は大変だけど、技術がついていくことで、自信も生まれます。夢だった原宿で働いているので、とても刺激的な毎日。サロンの先輩たちのスキルは凄くって、「さすが原宿。やっぱりレベルが違うなぁ」と思います。
ラッキーなことは、以前、撮影に連れて行っていただいた時に、憧れのアーティストさんに会えたことです(^ ^)。

スキルよりも、気持ちや意欲が大事!

オシャレに興味・感心がある人、細かい所まで気がつける人にむいているシゴトです。あと、お客さんやサロンのスタッフとのコミュニケーションが大事。技術やセンスは努力しだいで磨けるものなので、「喜ばせたい」とか「きれいにしてあげたいな」という気持ちの方が大事で、特別なスキルは必要ないと私は思います。 ただ修行が厳しく、かなりの努力が必要なので、競争心が弱かったりすると難しいかもしれませんね。

華やかにみえて、厳しく大変なシゴト だけど、やっぱり美容が大好き!

華やかにみえて、けっこう辛いシゴトだと思います。でもその分やり甲斐もあるし、お洒落できるっていう楽しさもあるし……。
何よりも多くの人と出会える素敵なシゴトだと私は思います! 何度もくじけそうになっていますが……、やっぱり美容が好きだし! がんばって、素敵なスタイリストになります(^ ^) みなさんもがんばって下さい!


美容師になるには……



医療、福祉、アニメ、ゲーム、デザイン、音楽、美容の専門学校の資料請求ができる学校情報サイト


ページトップへ