最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【なるには教室】第47回『ソムリエになるには』

皆さんこんにちは!
e-専門学校ガイド編集部です。

【なるには教室】第47回は、ワインに関する知識を活かしてお客様が求めるワインを紹介するスペシャリスト「ソムリエになるには」について説明したいと思います。
高校生の皆さんのなかにも、「料理店で、蝶ネクタイをしてワインの説明をするソムリエがかっこよかった。」「ワインってどうやって作られるの?」とワインに興味を持ったことがある方もいるかもしれませんね。

今回は、ワインやお酒の専門知識を生かして活躍するソムリエについて詳しくみていきましょう。

ソムリエ

ソムリエの仕事ってどんなことをするの?

お客様に美味しい食事とワインを提供し、素敵なひと時を演出する。それがソムリエの仕事です。

ソムリエはワインなどのお酒の知識に精通し、お客様の要望を考慮し、その日の料理にふさわしいワインを提案します。

ソムリエは、ワインの品種や産地についての知識はもちろん、料理との相性やワインの管理方法など、幅広い知識を持っています。ソムリエはワインを提案するだけではなく、ワインの仕入れや保管、品質管理、グラスの管理までを行います。
時には世界各地のワイナリーに出向き、ワインの買い付けを行うこともあります。

ワインはブドウの種類や産地、生産年度によって味が異なる、とても奥深い飲みものです。

今、来店したお客様にどのようなワインが適切かを素早く見極め最適なワインを適切なタイミングで提供し、最高の食事シーンを演出する。それがソムリエの主な仕事であり、腕の見せどころです。

男性はソムリエ、女性はソムリエール

ひと昔前までは、ソムリエの仕事は男性に限られていたようです。これはワインの瓶が重いという理由からでした。

しかし、現在は性別の制約はなくなり、多くの女性もソムリエとして活躍しています。1982年〜2018年までのソムリエ資格累計合格者の男女比では、男性58%、女性42%という比率で、女性がやや少ないものの、ほぼ同数となっています。

ちなみに、女性のソムリエのことは「ソムリエール」とも呼ぶそうです。

ソムリエになるにはどんな資格が必要?

ワインの本場フランスやイタリアではソムリエは国家資格となっていますが、日本にはソムリエになるための国家試験はありません。
しかし、日本には2つの民間の協会があり、資格を認定しています。

[ 1 ] 日本ソムリエ協会(JSA)のソムリエ資格
・マスターソムリエ
・シニアソムリエ
・ソムリエ
・ワインエキスパート(ワインの一般愛好家を対象としたもの)

[ 2 ] 全日本ソムリエ連盟(ANSA)のソムリエ資格
・プロフェッショナルソムリエ
・ソムリエ
・ワインコーディネーター

「ワインエキスパート」は20歳以上であれば誰でも受けることができる試験です。しかし、日本ソムリエ協会のソムリエの資格は、飲食業に一定以上の期間携わっていないと、受験資格を得ることはできません。

ただし、全日本ソムリエ連盟には実務経験は必要ありません。

ソムリエの資格試験は、飲食関係の資格試験のなかで最も難しいといわれます。

まず、専門学校でワインや料理、サービス業の基礎をしっかり学ぶことをおすすめします。そのなかで、自分の知識や経験に合わせて、挑戦する試験を少しずつステップアップしていくとよいでしょう。

どんな人がソムリエに向いている?

本当にワインが好きで、お客様をおもてなししたい。ソムリエは、そういう気持ちが強い人ほどやりがいを感じる仕事だといえるでしょう。

ソムリエに向いている人とは、まずお客様をもてなすことが好きな人感謝されることや、相手を笑顔にすることが好きな人美味しいものを提供することが好きで、人と話すことが好きな人。また、観察力に優れていることもソムリエに欠かせない要素です。

一流のソムリエになるためには、常にワインの情報にアンテナを張っていなければなりません。ワインショップに出向いたり、ワインの本を読んだり、時には海外のワイナリーに出向いたりと、ワインに関する知識を学び続けていく姿勢が重要になります。

ワインに対する情熱とワインへの旺盛な探求心を持った人、コミュニケーション能力の高い人は、皆に喜ばれるソムリエになれることでしょう。

ソムリエはサービスのプロフェッショナル。一流店にふさわしいお客様との会話や立ち振る舞いなど高いスキルを持ち、ワインを通して訪れたお客様に最高のおもてなしを提供します。
ワインと共に優雅なひと時を笑顔で提供する、知識豊かなソムリエ。

あなたもぜひ、ワインの奥深さとサービス精神を学び、ソムリエ、ソムリエールを目指してみてはいかがでしょうか。

ソムリエを目指すならこちらをチェック

調理師について知りたい方はこちらをチェック

パティシエについて知りたい方はこちらもチェック

e-sen


このページを