最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【なるには教室】第45回『インテリアデザイナーになるには』

皆さんこんにちは!
e-専門学校ガイド編集部です。

【なるには教室】第45回はあらゆる空間造りのスペシャリスト、「インテリアデザイナーになるには」について説明したいと思います。

素敵なショップの店内やモデルハウスの内装などを見て、こんなインテリアの設計を手がけてみたいと思たことがある人もいるのではないでしょうか?高校生の皆さんも、自分の部屋を模様替えする際に、カタログにあるようなおしゃれでセンスのよい家具などを好きなようにデザインできたらいいな、と考えてみたことがある人もいるかもしれませんね。

今回は高校生にも憧れの職業、インテリアデザイナーになるために必要な内容についてお話ししていきましょう。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーの仕事ってどんなことをするの?

インテリアデザイナーの仕事は、住宅、オフィス、レストラン、学校、病院、乗り物など住空間や公共の空間をデザインし、その内装を総合的にプロデュースすることです。

主な仕事内容は建築物の室内空間を設計、デザイン、提案などがあります。家具やカーテン、照明、壁紙、床材に至るまでをコンセプトに従って形にしていきます。

インテリアデザイナーは、クライアントの要望を汲み全体的なカラーやトーン、素材、機能などを踏まえてプランニングするため、幅広い知識とそれらを図面化する能力が必要となります。

また、インテリアデザイナーはクライアントだけではなく建築士や施工主などにもプレゼンテーションや各種のやり取りをします。そのため、空間把握能力やクリエイティブな感性に併せ、建築工学や製図・測量など、多くの専門知識が求められます。

インテリアにかかわるいくつかの職種

インテリアに関する職はいくつかあります。たとえば、インテリアインテリアデザイナーのほかに、インテリアコーディネーターインテリアプランナーが有名です。

インテリアコーディネーターは、インテリアをコーディネートする仕事。
既にお店などで販売されている家具やカーテンなどを選定してきて、室内空間の配置を考える人のことです。

そのため、設計については基礎レベルの知識があればOK。

一方、インテリアプランナーは、インテリアデザイナーと似たような仕事内容になります。

加えてインテリアデザイナーは作り付け家具や什器の製作まで行う場合があり、設計図の製図やデザインした空間ができあがるまでの工事の管理なども行います。

将来インテリアについてトータルサポートする仕事をしたいと考える場合には、インテリアデザイナー・インテリアプランナーを視野に勉強すると、十分に活躍できるでしょう。

インテリアデザイナーになるにはどんな資格が必要?

では、インテリアデザイナーになるにはどうしたらよいのでしょうか。

インテリアデザイナーになるために、特別な資格というのは必要ありません。

しかし、上に挙げたような専門知識を得るために、建築工学や環境工学、空間デザインに設計や製図、さらに人間工学などをトータル的に学習できる、インテリアデザイナーの養成学科や専門学校に通うことは非常に効果的です。

学校によってはプレゼンテーションの仕方までカリキュラムに組み込まれているスクールもあり、現場で働く際に困らないような工夫が施されています。

また、専門学校にはデザイン事務所や設計事務所、ハウスメーカー、インテリア用具メーカーなどから多くの求人が寄せられます。そのため、求人を確認しながら、先を見据えた勉強ができます。

インテリアや建築に関する資格にはこれらのようなものがあります。
・インテリアコーディネーター(公益社団法人 インテリア産業協会認定)
・インテリアプランナー(公益財団法人 建築技術教育普及センター認定)
・建築士(国家資格)
・建築設備士(公益財団法人 建築技術教育普及センター認定)
・色彩検定(公益社団法人 色彩認定協会認定)
など

詳しい受験資格などについては、各関連機関のホームページなどで確認しましょう。

どんな人がインテリアデザイナーに向いている?

インテリアデザイナーに向いている資質は、何よりインテリアが好き、ということが第一です。

また、デザインや空間表現のセンスや想像力、プレゼンテーションや現場での円滑なコミュニケーション力がある人は向いているといえるでしょう。

また、広範で総合的な知識の深さはインテリアデザイナーの仕事のクオリティに大きくかかわってきます。よりよい仕事をやり遂げるためにも、探求心や好奇心を欠かさず、努力を惜しまないことは大切です。

インテリアデザイナーとは、空間をクリエイティブにディレクションする刺激的な仕事です。

空間デザインや設計、建築の専門知識などを身につけて、あなたもぜひインテリアデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。

インテリアデザイナーを目指すならこちらもチェック

建築士について知りたい方はこちらをチェック

e-sen


このページを