最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【なるには教室】第15回『建築士になるには』

皆さんこんにちは!
e-専門学校ガイド編集部です。
【なるには教室】第15回は、建築のプロフェッショナルである「建築士になるには」について説明したいと思います。

建築士とは、建築物の設計や管理が主な仕事。建築に関する全ての内容にかかわる、重要な職業です。今回は、建築士になるための資格について詳しく見ていきましょう。
建築士

建築士の仕事ってどんなことをするの?

建築士の仕事は、ビルやマンション、戸建て住宅など依頼主の希望を反映した建物を建てるための設計図を作成し、またその工事を管理することです。

国土交通大臣または都道府県知事から免許を交付された、建築士法に基づく資格が建築士。建築士は依頼主の夢を形にする要の存在であると同時に、莫大な費用が託されているわけですから、その責任は重大です。

建築士には大きく分けて、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3つの種類があります。それぞれの内容をご説明しましょう。

一級建築士とは?

国土交通省大臣の免許を交付されているのが、この一級建築士。3つの建築士のうち唯一の国家資格となる、建築のエキスパートです。一級建築士には事実上、設計する建築物に制限がありません。そのため、どのような建物の建築も可能です。国際的な競技場などの国家的建造物や、構造形式が複雑な建築物なども設計できますが、その分、一級建築士にはより高度な知識が必要とされます。

二級建築士とは?

都道府県知事の免許を交付されるのが、二級建築士です。二級建築士は一級建築士と比べ設計できる建築物の規模および構造には制限がありますが、おおよそ一般住宅規模の建築物は設計可能となっています。そのため住宅をメインとして設計を行う場合、二級建築士の資格のみ取得するパターンも。それだけ身近で叩き上げの技術者が多く、建築業界にはなくてはならない大事な資格となっています。

木造建築士とは?

木造建築士とは、文字通り木造建築物の設計・管理が行える資格。都道府県知事より免許が交付されます。一級建築士や二級建築士より行える業務が少ないこと、木造建築物しか扱えないことなどの点もありますが、日本家屋の伝統的な形である「木のつくり」を大切にする風潮を支える担い手として注目されています。

建築士になるにはどんな資格が必要?

では、建築士になるにはどうしたらよいのでしょうか。

建築士になるためには、まず設計図面を作成(製図)するのに必要なCADというソフトを使いこなせるようにならなくてはなりません。

また構造力学、地学、建築デザインや、国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)の知識や技術を学ぶことも必要なため、建築学科や土木科のある専門学校で集中して勉強することは非常に効果的です。

こうした専門学校の学科を卒業したあと、二級建築士試験に合格すると、実務経験はなくとも二級建築士の免許を取得することができます。そのため、二級建築士免許取得を見込んで建築設計事務所や建設会社、住宅メーカー、インテリアデザイン会社、家具メーカーなど、建設系をはじめ各種の会社が採用するというケースが多いのが実情です。
なお、中学・高校で指定科目を修めて卒業した際は実務経験が3年以上ないと受験資格がもらえません。その場合、特に製図は専門の学校で勉強しないと実技試験対応が難しいとの声も。

ちなみに一級建築士になるには、二級建築士資格を取得していれば4年以上の実務経験があれば資格試験を受験可能です。
なお2008年の建築基準法の改正により、工事管理や依頼主等への説明などは建築士資格のある人間にしかできないことになっています。そうなると二級建築士資格を取得して職に就き、色々な実務経験を積みつつ一級建築士を目指すのが有意義な方法といえるでしょう。

詳しい受験資格などについては公益財団法人 建築技術教育普及センターのホームページなどで確認しましょう。

どんな人が建築士に向いている?

建築士はその建物を設計するにあたり、依頼(建築)主にその用途やイメージをじっくりヒアリングし、想像力を駆使して最適な建築方法やデザイン性などを提案していかなければなりません。なるべくクライアントの希望に即した建造物を実現させるために、そうした「聞く力」およびコミュニケーション能力は建築士にとって何より必要です。

そして建築士が扱う物件は戸建てはもちろん、オフィスビルやマンション、ショッピングモール、店舗などの小?中規模のものからドーム級の大規模のものまでさまざま。それぞれに建築基準法をはじめとした各法令を遵守し、法に則った設計・工事管理をしなければなりません。それにはまず、そうした法令をどれだけ熟知しているかと仕事の正確性も建築士の才覚となります。

また、耐震性や電気・水道、インテリアに照明、ガーデニング...と、現在では建築に対してあらゆるジャンルの専門家がかかわり合いながら仕事が運びます。建築士もそうしたチームワークのなかで働かなくてはならない関係上、協調性や誠実さはとても重要なポイントとなるでしょう。

今回は、「建築士になるには?」というテーマについて職業を紹介しました。
クライアントのニーズの多様化により、住居スタイルなどにもさまざまな変化が出てきた建築業界。少子化・高齢化などによる、建築物の個別設計の需要も安定傾向のようです。将来独立できる可能性も高い職業、あなたもぜひ建築士を目指してみてはいかがでしょうか。

■建築士を目指すならこちらもチェック

e-sen


このページを