最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【なるには教室】第4回『消防士になるには』

皆さんこんにちは!

e-専門学校ガイド編集部です。
【なるには教室】第4回は火災や事故から人命・財産などを守る「消防士になるには」について説明したいと思います。

消防士というと、火災現場に消防車で駆けつける姿を思い浮かべる方が大多数でしょうか。炎に立ち向かい、人命救助に奔走する雄姿に感銘を覚える人もいるかもしれませんね。しかし、実際には消防士の仕事はもっと色々あります。 今回は、多岐にわたる消防士の仕事内容や、消防士になるために必要な資格について詳しく見ていきましょう。

消防士になるには

消防士の仕事ってどんなことをするの?

消防士の仕事は、皆さんが思っているよりはるかに多種多様です。代表的な仕事としては、まずは消防士のイメージ通りの消火活動が挙げられます。また消防本部の指令室で119番通報を受け、消防車などの出動の伝達・指示を出す指令業務もその一環の仕事となります。出動後は、火災や事故の状況に合わせての救助活動も行います。

幅広い消防士の仕事

皆さんの学校にも消防訓練が入り、消防士に消火器の使い方や避難の仕方などを教わったことがあるのではないでしょうか。そうした防火や防災を促す消火消防訓練の実施や防災イベントでの指導消防用設備の立ち入り検査火災の原因を調査する仕事などに加え、昨今では大規模災害への対処等も含めて消防士の仕事の幅はさらに広がっています。被害を最小限に留めることはもちろんですが、災害を未然に防ぐことも消防士の重要な仕事なのです!

消防士になるにはどんな資格が必要?

さて、消防士になるには、どうすればよいのでしょうか。
消防士は公務員ですので、各自治体が行う採用試験を受験します。高校を出て独学で勉強する人もいるようですが、専門学校に入学し、卒業後に職員採用試験を受ける人が多いようです。試験では一般的に、筆記試験・適正検査・身体検査・体力検査・面接などが行われます。
消防士の採用試験に合格したら、次に全寮制の消防学校へ入学します。そちらで6ヵ月程度をかけて消防士として必要な知識や技術、規律などを習得した後、各消防署に配属となります。
消防士の採用試験の詳しい受験資格などについては、各官公庁・公的機関のホームページなどで確認しましょう。

どんな人が消防士に向いている?

消防士は人の命を預かる仕事です。そのため、責任感の強さは当然求められるでしょう。火事や事故現場での的確な判断力・行動力も必須ですし、物事を冷静に捉えられる客観性も現場の危機回避には必要な能力です。もちろん消防・防災等の知識・技術については、言うまでもありませんね。
加えて、消防士にとってチームプレーは重要な要素です。コミュニケーション能力や、協力して物事を行うことができる能力は歓迎されるに違いありません。
なお、上に挙げたような内容を実践する体力や身体能力も必要になりますので、いわゆる心・技・体揃っていれば何より心強いでしょう。全てをすぐに手に入れるのは難しくても、例えば身体を鍛えることから始めるなど、消防士になるために今からできることは少なくありません。

今回は消防士になるには?というテーマでお話ししてきました。消防士は危険を伴う分、年収も安定しており、人気の職業です。倍率の高い自治体もありますが、同じく自治体基準の身体・年齢制限等の範囲内なら受験できるという利点もあります。社会に貢献したいという気持ちがあれば、ぜひあなたも消防士を目指してみてはいかがでしょうか。

■消防士を目指すならこちらもチェック

e-sen


このページを