最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【シャーロック小川の学校探訪】第2回「総合系専門学校2」

皆さんこんにちは!
専門学校のリアルを探る「シャーロック小川」です。
私が興味を持った専門学校のことを取材やインタビューも絡めて調べてきます。

さて、今回の調査は...
「大学との比較、総合系専門学校の本当の実力」日本工学院編の続きです。

前回からの続き...総合系の専門学校について日本工学院専門学校の望月様にお話を伺っています。


小川「やりたいことが持てるということは...例えば情報誌やWEBなどの進学情報を始め、仕事や資格や学校などの、いろいろな情報が世の中にあふれ高校生を中心とした若い方々も意識を高めているということは、先ほどお話のあった専門学校へ進学すると成長につながる可能性が高い方も多くなっているかもしれませんね。」


望月さん「ただ、それだけに、情報を簡単に手に入る分、深さを追及していないというか、確認が大事だと思います。だから、学校の説明をする時はできるだけ具体例で、イメージを伝えるようにしてますが、最後に必ず自分の目で見て確かめることが重要だとお話ししています。オープンキャンパスではそういった確認に来られる方も多く来校されています。もちろん、専門学校ってどんなところだろう?と情報を取る意味で気軽に見学に来てもらえると良いですね。」

小川「高校生に説明する時の総合系の良さをどのように伝えていますか?」

望月さん「専門学校として説明する時に総合系は分野の特徴を説明するのに話が広がりすぎて不利な部分もあると思う時もあります。建築なら建築分野希望者に本校の建築学科の特徴だけ話せれば強みがたくさんありますが、会場形式の相談会などで多くの分野希望の方へ学校全体の話をする時は逆につながりを強みにして説明します。
学内の他の学科で関連のある学科と授業連携や、イベント時や、企業からの課題を実習として取り組む時に、実社会と同じように自分と同じ勉強している友達だけでなく業界のほかの技術を持っている方と学生のうちから確認することができるということが総合系の強みだと思います。」

小川「最後に望月さんが全体的に仕事で気を付けている点・心がけている点を教えてください」

望月さん「大学との比較でもそうなんですが、専門学校の本質(実習・就職・技術・資格など)的な特徴をきちんと伝えることを心がけています。私も大学を卒業してますが、専門学校の事を良く知らない方もまだまだ多いと思うのですが、特定の資格や技術を勉強し、知識としてだけでなく実習を通じて経験として自分の体で覚えることができる教育は、もしかしたら将来のやりたいことがはっきりしている方には魅力的に感じるかもしれませんし、知ってもらうことでミスマッチを防いだり、逆に興味を持つ方も多くいると思います。
専門学校は細かく分野や学科さらに専攻も別れていて、その中で授業一つ一つに特徴がある為、大学に行くことを選択するよりも早くに職業を意識できないと良い専門学校選びにつながらないと考えるため、若い学年への説明の時なども気を付けて丁寧に説明しています。」


小川「お話しを伺って、望月さんが、かなり丁寧に専門学校の特徴をしてもらえるように心がけている事が良く分かりました。大学・専門学校の選択以前に将来どうなりたいか、どのようなことができるようになりたいかなどのイメージを持つ方に合わせてそのイメージ通りの将来の希望が膨らむような対応をされているなと感じました。望月さんどうもありがとうございました。」

この後、蒲田キャンパスの見学をさせて頂きました。
一般教室でも、分野毎に機材や先生たちの雰囲気が違い、確かに実社会が凝縮した形が校舎内に詰まっていると感じました。また、教室の廊下側の壁も多くはガラス張りになっていて見学する私達が中の様子も見え易いということもありますが、中からこちらの様子も見えます。これは、専門学校ならではの考えですが、企業の方が打ち合わせや求人の関係で見学されることが多く、学生たちにも日ごろから意識させる効果もありそうです。


sherlock160601.jpg
随所で目に入るのは学生の共有スペースが至る所にあることや
図書館や食堂なども学生が使いやすく居心地がよさそうな作りになっていることです。
学生のキャンパスライフをサポートする広いスペースを持つ食堂に感動!


望月さん曰く「これでも学生数が多くお昼の時間に一斉に学生が押し寄せるといっぱいになってしまうので、時間割で調整しています」とのことでした。

私が思うに...もう、町ですね。町ごと学校になっているような気がします。

最後に見学中に今年6月完成予定の「多目的ホール」の予定地と完成予想図で説明をお聞きしました。収容人数4千人を超える多目的ホールの完成は、異業種の学科間の交流を可能にする大規模なイベントが可能となり、部活動やキャンパスライフの充実と共に「総合系」の専門学校としての強みを益々強化されていくように感じます。

sherlock160602.jpg完成予想図


素晴らしい環境と教育内容の充実を誇る「日本工学院専門学校」は今後も専門学校の代表として多くの高校生の注目を集めるでしょう。やりたい事、将来のイメージがはっきりしている専門学校進学を希望する方は是非一度見学に行って見て欲しいです。

さて、次回は別の総合系専門学校の話を調べてきます。
お楽しみに...

>日本工学院専門学校を詳しく調べる

>日本工学院専門学校の資料を取り寄せる

ogawa


このページを