最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【ピンチはチャンス】第38回「学校見学のチャンス」

皆さんこんにちは!ピンチはチャンスの小川明広です。

私は年間200件近くの講演会を全国の高等学校で担当しています。

このコーナーでは、進路・就職・キャリア・大学・専門学校などの様々な情報を、実体験を基にアドバイスさせて頂きます。

さて今回はこれから春までの間での専門学校の学校見学についてです。

私は良く高校生の進路・進学の相談にのることがあります。

そんな時、将来の職業の研究をどのようにしたら良いかと聞かれることがあります。

その答えの一つとして、専門学校の見学を利用することをお勧めしています。

IMG_3016.JPG

冬の日本海、山形の海です。寒さの中に強さや温かさを感じさせる不思議な景色でした。

例えば...

ゲームを作る仕事をしたい。とか

映画スターウォーズを見て、映画の仕事に就きたい。とか

アニメが好きでアニメの仕事をしたい。

などの質問には「その業界の中でどのような担当の仕事があるか細かく調べる必要がある」とアドバイスしています。業界への憧れだけで無く、自分が働く仕事はどのような技術が必要でどのようにそれを勉強しているのかを知らないと、その仕事を目標にすることには非常に危険が伴うと思うのです。

そしてさらに具体的に一つ一つの仕事の中身を知りたければ、その業界に関係ある専門学校の体験入学などに行って、実際に業界に関係する機材や人材のなかで仕事の話を来てみるととても参考になるとお勧めしています。

大学受験のニュースが多くなるこの時期、専門学校も人気のある学校は定員数に近くなり募集を停止する学校も出てくる頃ですが、それでも月に1回程度の体験入学の日程を設定している学校が多く有ります。

この時期はもちろん学生の募集中の専門学校は、受験生である高校3年生中心にイベントを組みたいところでしょうが、新年を迎えると不思議と多くの学校が落ち着いてきます。

なので、高校一年生や、すでに大学に進学していて将来的に専門学校を検討している方などもかなり多く来校しても丁寧に対応してくれたりもします。

学校にもよりますが中には中学生が見学に行くことも快く対応してくれる専門学校もあるのです。

見学や体験入学のイベントへの参加は、もちろん事前に予約を入れてから参加することが望ましいと思います。その時に電話であれば学年や希望の学科の相談に乗れますし、メールやHPからの申し込みでも、学校側が予め当年度対象でないと理解して参加を認めてくれれば対応も良いはずです。

最近、中学生のキャリア講演も依頼が多くなってきました。

そこで、中学生のキャリア教育を少し調べると、結構インターンシップなどをしっかりと行う中学校も多くなってきたようです。

一方で、学校単位で受け入れをお願いする地元中心の企業の協力の基で行われることが多い中学のインターンシップは「まず社会を知る事」を目標にしている様に、個人個人の職業研究をするために多くの職種体験ができる様には設定されてません。

良く考えると、私たちが大人になる時に中々職業の勉強をできる機会は少なかったように感じますが、今はいろんな方法が考えられと思うのです。

さらに、情報が入手しやすくなり、いろんな仕事の存在を知ることができる世の中ですから、早くから将来に目標を持ちきちんと計画して学生時代に準備することで夢の仕事が手に入る可能性が高まります。

問い合わせをして受け入れてくれる専門学校は少ないかもしれませんが、もっと専門学校の職業説明を世の中の役に立てていく事も必要だと思います。

さあ、職業の勉強の為、専門学校の学校見学に行ってみよう!


小川明広(オガワ アキヒロ)

ogawa_prof.jpg

産能大学経営情報学部(通信制)東京工学院専門学校経営情報学科Wスクールで卒業。
株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)にて店長として実績を残す。
専門学校職員、広告代理店社員、人事コンサルタントを経て2011年株式会社SCI設立。
株式会社SCI代表取締役。経営コンサルタントとして一般企業経営と教育コンサルタントとして学校経営とを両方バランス良く担当。
毎年、全国の高等学校中心に講演会を約100件担当。キャリア教育の視点から高校生の様々な相談に対応している。
趣味:アウトドア・キャンプ・歴史小説・映画


◎esenで専門学校の資料を無料で取り寄せよう!
e-専門学校ガイド

◎進路の悩みにズバリ回答!経験豊富なキャリアアドバイザーがお答えします。
進路について「聞きたい!知りたい!」Q&A

◎シゴトの現場ってどういう感じ?各業界で働くセンパイへのインタビューが読めます!
先輩シゴト人 バックナンバー

e-sen


このページを