最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【ピンチはチャンス】第35回「専門学校の魅力は実習にあり」

皆さんこんにちは!ピンチはチャンスの小川明広です。

私は年間200件近くの講演会を全国の高等学校で担当しています。

このコーナーでは、進路・就職・キャリア・大学・専門学校などの様々な情報を、実体験を基にアドバイスさせて頂きます。

今回は私の本職と違った芸術についてです。

先日、吉祥寺の劇場で舞台演劇を見てきました。

昔、同じ専門学校で演劇のコースの教育を担当して頂いたことのある世界的にも実績のある劇団のお芝居でしたが、2週続けて別の演目を拝見させて頂いたのですが、すごく面白かったです。

家族で見に行きましたので、中学生の娘には一回目のシェイクスピアの演目(タイタス・アンドロニカス)を見せましたが、やはり古典は難しく、お話の筋を追っていく事が大変だったようです。

2回目の近松門左衛門(女殺油地獄)の演目は話の流れが簡単でしたが、逆に登場人物の心の動きを描写する細かな表現を理解するのができるととても楽しめたと思います。

と、芸術について少し語ってしまいましたが、私は元々お芝居などを劇場で見たことはあまり有りませんでした。

専門学校に勤めていた時代も、演劇・声優・芸能のコースをもつ学校で働いていたのですが、学生作品や関係者の舞台を仕事で見に行くことはありましたが、プライベートで自分でチケットを購入して家族で劇場へ出かける様になるなど昔からは想像もできませんでした。

FullSizeRender.jpg今回の演劇を見た吉祥寺シアターです。よく見に来る劇場の一つです。
次回はいつ見に来る事ができるかな?

今回の劇団は、非常にまじめで教育が厳しく、教えていた専門学校学生達も在学中から演技力だけでなく人間性も成長していて、校舎内でも挨拶や返事の仕方ひとつから良い変化を感じていました。講師として授業を担当していた先生方も(多くは役者さん)一人一人にカリスマ性がありとても魅力的だったのだと思います。卒業した学生達も今回の様な公演があると多くが劇場に見に来ていて、昔の先生たちの活躍を応援したり、中には卒業後の進路でその劇団の研究生としてオーディションで認められ、舞台づくりに参加している元学生もいました。

この、「本物の先生との出会いは」まさに専門学校で学ぶ魅力の一つであると思います。

当時も、ルーマニアやフランスなど外国の国際演劇祭に招待公演で参加し、時にグランプリをとった公演で主演した俳優さんが講師として直接専門学校の教室で役作りや、脚本の読み込み方、扱う演目の時代背景や人間関係の考え方などを詳しく教えてくれて、学生が考え、表現した者に対して一緒に考えてくれる様な環境は専門学校の実習の時間で一番味わえる「かなり贅沢な学びの時間」だと思います。

私も、学生の良い変化をもたらした、指導の中身に興味があり、専門学校を退職し、独立した後も個人的にその劇団との活動を維持してきたので、だんだんと芸術に関心を強めてきたというわけです。

やはり、実習という「現場を経験している指導者から直接現場と同じ道具や状況に合わせた指導」を受ける授業はかなり魅力的だと思います。その雰囲気や方向性が自分が求める職業感にピッタリな学校を選ぶことができれば、専門学校在学中に本人もビックリするような成長を実現し、目指す職業への近道となると改めて感じました。

もう一つ別の側面も気になることがあります。

活字離れについてです。

シェイクスピアも、近松門左衛門も、歴史小説もその他の古典も、最近は活字で読む学生が少ないと思います。

しかし、多くのドラマや映画・漫画・アニメなどの話の中にこのような古典系の話は原点として活かされていて、その原点を直接知っていることは様々な場面で役に立ちます。

また、活字で本を読むと映像や絵で直接表現方法の答えの一つの例である答えを見せられるのと違い、自分の頭の中で想像し、イメージを膨らませることができるようになります。

物事を考える基礎になる活字を読んで想像するという事が最近の学生には足りないと感じることがありますが、やはり劇場に来ている方の中にも若い人を中心に本を読まない方が増えている様です。

私も、折角興味を持ち始めたところなので、さらに本を読んで想像力を鍛えていきたいと思いました。

では、また次回。


小川明広(オガワ アキヒロ)

ogawa_prof.jpg

産能大学経営情報学部(通信制)東京工学院専門学校経営情報学科Wスクールで卒業。
株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)にて店長として実績を残す。
専門学校職員、広告代理店社員、人事コンサルタントを経て2011年株式会社SCI設立。
株式会社SCI代表取締役。経営コンサルタントとして一般企業経営と教育コンサルタントとして学校経営とを両方バランス良く担当。
毎年、全国の高等学校中心に講演会を約100件担当。キャリア教育の視点から高校生の様々な相談に対応している。
趣味:アウトドア・キャンプ・歴史小説・映画


◎esenで専門学校の資料を無料で取り寄せよう!
e-専門学校ガイド

◎進路の悩みにズバリ回答!経験豊富なキャリアアドバイザーがお答えします。
進路について「聞きたい!知りたい!」Q&A

◎シゴトの現場ってどういう感じ?各業界で働くセンパイへのインタビューが読めます!
先輩シゴト人 バックナンバー

e-sen


このページを