最近のエントリー
カテゴリ
月別アーカイブ


【ピンチはチャンス】第22回「学問への興味」

皆さんこんにちは、ピンチはチャンスの小川明広です。

今回は、学問への興味の持ち方の工夫についてです。

先日「大英博物館展」なるものが上野で見れると知り、子供たちを連れ見学に行きました。

私は、学生時代に2か月間だけイギリスに短期留学していたことがあります。

当時は現地のロンドンで「大英博物館」を見るのが週末の楽しみでした。

なので、すごく懐かしさもありました、その前の週に映画館で「ナイトミュージアム」を観ていたので、「博物館熱」が上がっていた小川家はもう一つ「国立科学博物館」も見学するというかなりハードな「知的好奇心への挑戦」をしてしまいました。

まだ、小学生の下の娘などは、一日に二つも難しい内容の展示をじっくり見学することが果たしてできるのかなと不安もありましたが、以前から映画「ナイトミュージアム」3部作を見ていたり、宇宙や歴史に興味を持っていたことも有り、勇気を出して上野へ向かったのです。

IMG_2269.JPGすっかり遅くまで博物館めぐりしてしまいました。一日に2つは頭がつかれます。
次回は余裕のある時間でじっくり見学します。

「大英博物館展」「100のモノ」を通じて人間の歴史を多角的に捉える展示で、音声ガイドなどもあり子供たちでも一つ一つの展示も理解できたようです。

しかし、最大の収穫は、展示の順番や方法が素晴らしくて、宗教・料理道具・狩りの道具・移動手段・貨幣など様々な文化的なモノが歴史を通じて繋がっていること、世界はバラバラでなく互いの文化・文明が刺激や影響を与え合って新しい時代を迎え作り上げていることをイメージできたことです。

これは、学問に対しても良い刺激になりました。

長女は今年中学で「地理」「英語」などの科目に関心を持つきっかけになったようです。

元々は「数学」「理科」「歴史」が好きでしたが、新しい科目に興味を持ち、積極的に勉強を楽しんでくれるとうれしいです。

私自身も歴史が好きですが、紀元前の人間の文化の記録が少ない事に興味を持ちつつ、歴史と宗教の関係についての本などを探して読んでみようと新たな目標を見つけました。

昔、教科書で見た歴史的な発見物の写真など、見たことはあるがなんだったかな?ということはありませんか?

博物館でもう一度「そのような貴重なモノを見るチャンス」を増やすと何か考えるきっかけになるかも知れません。

学問との始まりは興味を持つことからだと考えます。

私も学生時代に「経営学」を知り、興味を持つことから勉強に力が入りました。

興味を持つと、自分から少しでも多く知りたいと調べたり、考えたりします。

たまたま、今回は博物館で多くの「知りたいモノ」との出会いが有り、良い刺激を受けることができましたが、最近このように知的好奇心を刺激されると心が豊かになるということが理解できました。

落語を見ることで「言葉の使い方・言い方の表現力」に関心を持ったり、舞台を見ることで「俳優の演技力」に注目したり、関心があり過ぎて演出家の方に話しかけていろいろ解説して頂けた時は、自分でも後から大胆な行動にビックリしたほどでした。しかしそれくらい面白い芝居だったのです。

「知りたいこと」を通じて人との出会いまで広がりました。

若い皆さんは、さらにこの「知りたい事」を仕事と関連付けすることもできます。

素晴らしい事です。自分の興味のある「知りたい事」を調べ、学問と出会い、研究し、得た「知識」を社会に還元する為に働き、社会に貢献する。

こんな活動が実現すると、脳は活性化し、心は豊になり、幸せです。

この春から新しく勉強が始まる科目や実習など学校の勉強ももちろん興味の持ち方で面白さは変化します。難しそうだなと感じる勉強こそ少し工夫を加えて興味を持つようにしてみてください。それこそ、「ピンチはチャンス!」です。

「知りたい」と思えるものとの出会いを日々の生活の中での工夫で見つけるというのも「自分でチャンス!を広げる」ということになるのではないでしょうか。

ワクワクした学びを目指しましょう!


小川明広(オガワ アキヒロ)

ogawa_prof.jpg

産能大学経営情報学部(通信制)東京工学院専門学校経営情報学科Wスクールで卒業。
株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)にて店長として実績を残す。
専門学校職員、広告代理店社員、人事コンサルタントを経て2011年株式会社SCI設立。
株式会社SCI代表取締役。経営コンサルタントとして一般企業経営と教育コンサルタントとして学校経営とを両方バランス良く担当。
毎年、全国の高等学校中心に講演会を約100件担当。キャリア教育の視点から高校生の様々な相談に対応している。
趣味:アウトドア・キャンプ・歴史小説・映画


◎esenで専門学校の資料を無料で取り寄せよう!
e-専門学校ガイド

◎進路の悩みにズバリ回答!経験豊富なキャリアアドバイザーがお答えします。
進路について「聞きたい!知りたい!」Q&A

◎シゴトの現場ってどういう感じ?各業界で働くセンパイへのインタビューが読めます!
先輩シゴト人 バックナンバー

e-sen


このページを